トップページ > ランナー > 健康管理

健康管理

  HEALTH CARE

健康管理等についての注意事項

  • 大会参加に関しては十分にトレーニングし、事前に健康診断を受診するなど、体調には万全の配慮をした上で、自己の責任で参加してください。
  • 主催者は競技中の事故、傷病等については応急処置のみを行います。また、主催者の加入する保険の範囲で補償しますが、それ以上の責任は一切負いません。
  • マラソンは準備を怠ると危険なスポーツです。「市民ランナーの安全10か条」等を参考に自己の責任において、しっかりと準備してください。

【マラソンに取り組む市民ランナーの安全10か条】

日本体力医学会ガイドライン検討委員会・(公財)日本陸上競技連盟医事委員会(H25.5.10策定)

ランナー自身が自己責任のもとに、どのような健康管理をおこなうのか、どのようにトレーニングをおこなうのか、 レース当日にどのように注意すべきか、について「安全10か条」としてまとめられたものです。大会に参加される前に、ぜひご覧ください。

健康管理について

  • ①普段から十分な栄養と睡眠をとりましょう
  • ②喫煙習慣をやめましょう
  • ③メディカルチェックを毎年受けましょう
  • ④生活習慣病がある方は、かかりつけ医とよく相談しましょう

レース完走に向けたトレーニング計画

  • ⑤計画的なトレーニングをしましょう
  • ⑥気温、湿度に適したウエアの着用と、適切な水分補給をしましょう
  • ⑦胸部不快感、胸痛、冷や汗、フラツキなどがあれば、すぐに走るのを中断しましょう
  • ⑧足、膝、腰などに痛みがあれば、早めに対応しましょう

健康管理について

  • ⑨完走する見通しや体調に不安があれば、やめる勇気を持ちましょう
  • ⑩心肺蘇生法を身につけましょう

申し込み時や参加前の健康チェックリスト

公益財団法人日本陸上競技連盟医事委員会 2013.4.11 改定

市民マラソン・ロードレースの申し込みや参加にあたっては、健康チェックが必要です。
申込者各自で必ず確認してください。

  • (A)下記の項目(1〜5)のうち1つでも当てはまる項目があれば、レース参加の可否について、かかりつけ医に良く相談してください。 かかりつけ医の指導の下、検査や治療を受けて下さい。レースに参加する場合には、自己責任で行って下さい。

    1.心臓病(心筋梗塞、狭心症、心筋症、弁膜症、先天性心疾患、不整脈など)の診断を受けている、もしくは治療中である。
    2.突然、気を失ったこと(失神発作)がある。
    3.運動中に胸痛、ふらつきを感じたことがある。
    4.血縁者に’いわゆる心臓マヒ’で突然に亡くなった方がいる(突然死)。
    5.最近1年以上、健康診断を受けていない。
  • (B)下記項目(6〜9)は、心筋梗塞や狭心症になりやすい危険因子です。当てはまる項目があれば、かかりつけ医に相談して下さい。

    6.血圧が高い(高血圧)。
    7.血糖値が高い(糖尿病)。
    8.LDLコレステロールや中性脂肪が高い(脂質異常症)。
    9.たばこを吸っている(喫煙)。

    かかりつけ医とは、皆さんの健康や体調を管理してくれる身近なドクターです。
    かかりつけ医をきちんと決めて、各種の検査やレース参加などについて相談しましょう。
元世界記録保持者重松森雄さんが教える、初マラソン攻略法!!
重松森雄さん

当選したけど、どうやって練習をはじめたらいいの…?そんな不安や焦りを感じているフルマラソン初挑戦の皆さまに、ランニングのプロが、マラソンの基本トレーニングをお教えします。

健康管理及び事前準備

マラソンは、あらゆるスポーツの中でも「心肺停止」の危険性が高いと言われています。日頃からの健康管理や事前準備が大切です。



心肺蘇生法を身につけましょう

日本赤十字社が普及する救命手当の動画を見て、もし、バイスタンダー(救命の現場に居合わせた人)になったらどのように対応すべきか、学習しましょう。